膠文化研究会について

膠文化研究会は膠文化の研究と普及を目的とした作家、教育者、保存修復技術者、研究者などユーザーによる研究団体です。

 

日本画や保存修復は伝統素材に依存しています。和膠消滅のような事態を繰り返さないため、膠に関する継続的な研究、教育普及を図るため膠文化研究会を設立されました。
科学的な研究と実技系の技法材料研究との連携によって、持続可能な絵画材料、修理材料としての膠の継承を目指します。

2011年10月2日

目的

ユーザーの立場で膠文化、膠技法の研究と普及を図る
作家、研究者、修理技術者の情報交換と交流を図る
制作と修復分野、保存科学分野の連携研究を図る
膠の持続可能性に関する研究を行う
膠文化研究と膠技法の普及について国際的な連携・交流を行う