第8回公開研究会 終了しました。

多数のご参加ありがとうございました。
本年も膠文化研究会をよろしくお願いいたします。

第8回公開研究会「なぜ膠なのか」参加受付中

受付期間は11月12日(木)より11月27日(金)です。定員100名で先着順となります。
参加申込みはこちらのページから参加応募様式をダウンロードし、メール添付で膠研事務局宛お送り下さい。

第8回公開研究会を開催します。

膠文化研究会第8回公開研究会「なぜ膠なのか」の開催が決定しました。事前受付制、定員は先着100名です。受付開始は11月12日(木)です。

膠の研究と復興に尽力されてきた天野山文化遺産研究所山内章氏、絵具屋三吉・ウエマツ社長であり、自ら材料開発に取り組む上田邦介氏、近代日本画に詳しい東京藝術大学大学美術館古田亮氏をお招きします。熱気に満ちた講演にご期待ください。

Gelatin7

当日受付はありません

科研+膠研第7回公開研究会の当日受付は行いません。ご理解くださいますようお願いいたします。

公開研究会の追加受付けを終了しました。

科研+膠研第7回公開研究会については会員、学生に限って追加受付を行いましたが、6月1日受付分を以て終了しました。大変多くの参加申込みをいただきありがとうございました。

当日は開始間際の受付が混雑するものと予想されますので、お早めにお越し頂きますようご案内します。

第7回公開研究会一般受付終了。会員と学生のみ追加受付

科研+膠研第7回公開研究会は申込みが定員数に達したため、受付を終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。また、お断りした方には大変申し訳ありません。
予想より早く受付終了となりましたが、学生と会員(*)のみ若干名を追加受け付けします。
なお、応募を確認しましたら後日、受付番号と参加費をお送りいたします。お手数ですが3日経っても返信がない場合は、膠文化研究会事務局までご連絡下さい。

*2015年5月25日時点で入会している方

 

第7回公開研究会講演要旨

プログラムに講演要旨を加えました。こちらからご覧ください

公開研究会「膠入門」受付開始。6月5日(金)までです。

科研+膠研第7回公開研究会の事前受付が5月15日(金)より始まりました。こちらより応募様式(ページ下の方にあります)をダウンロードし、必要事項を記入の上、膠研事務局宛メール添付でお送り下さい。。
先着順ですのでお早めにお申し込み下さい。

科研+膠研第7回公開研究会「膠入門」 定員100名、参加費無料。受付は5月15日からです。

科研+膠文化研究会第7回公開研究会「膠入門」の受付を5月15日(金)より開始します。
事前申込み制ですので、こちらから参加応募様式をダウンロードの上、お申し込み下さい。

今回は予告通り参加費無料で基礎的な内容に絞りました。膠、日本画に関わる全ての人、特に学生のための研究会として企画されています。是非、ご参加ください。

Gelatin7

<予告>次回公開研究会の日程、概要が決まりました。

「膠入門」

主催:科学研究費基盤研究B「「絵画表現における風土と技術 -膠を中心とする伝統的材料の持続性に関する調査研究-」
共催:膠文化研究会

日 程 6月13日(土)午後1時より
会 場 東京藝術大学 美術学部第1講義室
参加費:無料
定 員:先着100名
受 付:5月中旬より予定

プログラム:
1.「三千本膠製造の記録」
森田 恒之 東京藝術大学客員教授・国立民族学博物館名誉教授
2.「接着と膠」
早川 典子 東京文化財研究所保存修復科学センター主任研究員
3.「膠の基礎知識」
宇高 健太郎 日本学術振興会特別研究員(東京文化財研究所)
4.「近代の日本画と膠 ― 問題提起として」
荒井 経 東京藝術大学大学院美術研究科准教授
5.質疑応答

懇親会(懇親会費は別途徴収します)

講演タイトルは予定です。プログラムは変更になる場合があります。